管理人 について

株式会社トライテック公式ブログ

VMS-2/USB

『VMS-2/USB』は、お客様の「こんなものできますか?」から生まれた、USBオーディオ入力のVUメーターです。フロント・パネルにはVUメーターの他、モニター用のヘッドフォン出力を備えています。

リア・パネルはUSB AUDIO入力、S/PDIF OUT、0VU基準レベル(-18dB/-20dB)、メーター・トリムを備えています。

サイズは135mm(w) x 44mm(h) x 122mm(d) (突起部、スタンド部含まず)というコンパクト・サイズで、置く場所を選びません。

出来立てのため、価格も販売時期も未定です。ご興味のあるスタジオ様はぜひ弊社営業までお声がけください。

 

 

臨時休業のお知らせ

各 位

社内研修のため、11月1日(水)、2日(木)の両日を臨時休業させていただきます(WEB SHOP もお休みとなります)。11月6日(月)より通常営業いたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします

株式会社トライテック

 

こんなこと、できますか?

お客様から「こういうこと(物)はできないか?」というご相談やお問い合わせをいただきます。まあ特注機器などはそうして作られるものなので、こちらとしては大歓迎なのですが、ご相談の内容によっては「何がしたいんだろう?」と思うこともしばしばあります。きっと我々の知らないところでいろいろご苦労があるんでしょうね。

以前、AES/EBU信号のLchとRchを入れ替えられないか?というお問い合わせがありました。それこそ「何のために?」と思ってしまいますが、これはいったんレシーバで受けてからLRクロックを反転させてトランスミッタに送ってやればいいので、簡単に解決できます。

Ch.1がL、Ch.2がRの通常の信号を、Ch1, Ch2とも L(またはR ) にして出力できないか?というお問い合わせの時はしばらく悩みました(どうやろうか、ではなく、なんで?)が、これはシリアル・イン/アウトのシフト・レジスタを組んで、LRクロックで切り替えることで実現できました。

こういうお問い合わせの解決用に、社内ではAES/EBUレシーバとトランスミッタ、CPLD、スイッチなどを実装したテスト基板を用意しています。CPLDは実験内容によって回路を書き換えられるので、試作や実験では大変便利です。

お客様からの「こんなことができないか?」というご相談は、我々にとっても製品開発などのヒントとして大変貴重なものです。お問い合わせだけなら無料wですので、お気軽にご相談ください。


上記を書いてから「そういえば・・・」と思って調べたのですが、CirrusLogicのCS8427 AES/EBU TranceiverはMONOモードを持っていて、Lch + Lch あるいはRch + Rchという出力を簡単に設定できることを思い出しました。これ以外でも同じ設定ができるAES/EBUレシーバーがあるはずですね。

ACS-VMCのカタログ、仕様書を公開しました

ACS-VMCは、TAC SYSTEM様の高機能スタジオ・モニター・コントローラー 『VMC-102』と相互接続することで、4chカフ・システムやスタジオ・コミュニケーション・システムを構築できます。

製品そのものは以前から出荷していましたが、カタログや仕様書といったドキュメント類のリリースが遅れ、ご迷惑をおかけしていました。

弊社ホームページの製品一覧ページよりダウンロードできますので、ご利用ください(製品WEBページは今しばらくお待ちください)。

LUNDAHL夏季休業のお知らせ

LUNDAHL社の今年の夏季休業期間は、7/10~8/7 です。日本に在庫がない商品は 7/10までに出荷してもらうか、8月下旬の出荷までお待ちいただくことになります。

7/10までに出荷してもらうためには、6/22までに弊社宛にご注文いただく必要があります。

ということで毎年のお騒がせですが、よろしくお願いいたします。

 

 

ゴールデン・ウイーク期間の営業について

ゴールデン・ウイーク期間の弊社の営業は、土・日・祝日ともカレンダー通りにお休みさせていただきます。

WEB Shopはお使いいただけますが、発送業務は平日に行うため、お申し込み日時によっては 5月8日以降の発送となりますのでご了承ください。

株式会社トライテック

 

 

ADC-8/96 と DAC-8/96(新製品)

このところ特注品の設計が多くて、自社製品の開発がなかなかできなかったのですが、ようやく新製品をご紹介できるようになりました。

『ADC-8/96』は 8ch のA/Dコンバーターです。サンプリング周波数96kHzまで、入力されたワード・クロックに自動追従します。ADCチップは当社の他のデジタル製品と同様、Cirrus Logic製を採用しています。

『DAC-8/96』 は 8chのD/Aコンバーターです。こちらも96kHzまで入力信号に自動追従します。DACチップはCirrus Logic製です。

EIA-1Uサイズで 8ch仕様の A/D, D/A は、ニーズがありながら製品そのものが少ないのが現状です。主にスタジオ様向けでラックに固定して使われることを想定し、デジタル・アナログ入出力ともにD-sub25ピン・コネクタになっています。

まだプロトタイプなので発売時期や価格は未定の状態です。デモをご希望のスタジオ様はご遠慮なくお申し付けください。

 

アイソレーション・トランス・モジュール 『LL-TM1』について

弊社製品のアイソレーション・トランス・モジュール 『LL-TM1』と、収納ボックス 『LL-TB2』につきまして、諸般の事情により本年3月より価格をオープン・プライスとさせていただきます。

ご購入をご検討される際は、お手数ですが価格をお問い合わせくださいますようお願いいたします。

株式会社トライテック

 

LUNDAHLトランス価格改定のお知らせ

2017年 3月販売分より、弊社取り扱いのLUNDAHLトランスの価格を改定いたします(いつの間にか仕入れ価格が上がっていました)

LL1538 :¥11,600.(現在)から¥12,100.に

LL1524:¥9,500.(現在)から¥10,000. に

LL1582:¥11,400.(現在)から¥11,700.に、それぞれ価格が変わります。

それに伴って、評価基板セットも価格が変わります。

LL1538EVA:¥14,600.(現在)から¥15,100.に

LL1524EVA:¥12,200.(現在)から¥12,700.に

LL1582EVA:¥14,200.(現在)から¥14,500.になります。

上記以外の製品は在庫分に限って従来通りの価格です。

値上げは心苦しいところですが、現在の価格を設定した時点(2014年)から、かなり仕入れ価格が上がっており、「価格改定はデータ・ベースの更新が面倒だから」という理由が通らなくなってしまいました。

上記製品のご購入をお考えの方は、今月中のご注文をお勧めいたします。