管理人 について

株式会社トライテック公式ブログ

続:OEP

OEP のA187A12Cというトランスを測定してみました

測定条件
測定器 Audio Precision P1-DD
発振器出力インピーダンス : 40Ω平衡
測定器入力インピーダンス : 600Ω平衡

最大入力レベルはデータ・シートに記述がありません。とりあえず 1kHz で測定します。P1-DDの最大出力である +30dBu を入れても、歪率は 0.03%(UN-WDT* 以下同じ) と飽和しません。これは 20kHz 以上まで同じで、こと高域に関しては高性能です。

次に周波数特性を見てみましょう
1kHz/0dBu を基準として、高域は多少のうねりはあるものの、20kHz までほぼフラット、低域は 11Hz で -1.0dB とかなり持ちこたえているように見えますが・・・

さて歪率です。
1kHz/0dBu での歪率は 0.0013% でした。高域は 20kHz で 0.0017% とかなりの好数値です。旧BTS規格のトランスと比べたら隔世の感がありますが、現在のオーディオ・トランスはこのくらいの数値は簡単にたたき出します。

低域ですが、50Hz/0dBu で、すでに 0.1% と悪化しています。信号レベルを +4dBu に上げると 0.2% になりました。+10dBu は業務用機器では普通に扱う信号レベルですが、そこでの歪率は 1% と、実用的ではありません。

A187A12C のデータ・シートの右上のグラフは、 0dBu の信号レベルに対する周波数ごとの歪率を表しています。低域で一気に歪率が悪化(急上昇)しています。つまり 1kHz/0dBu を基準にした時点で、すでに低域は歪っぽくなっているということです。

ちなみに測定レベルを下げてみましょう。基準レベルを -20dBu にすると、50Hz の歪率は 0.03% まで下がります。用途にもよりますが、このレベルなら全周波数帯域に渡ってフラットで低歪率な性能を発揮します。もし基準レベルより +10dB も高い信号(-10dBu)がきても、50Hzの 歪率は 0.03% のままです。

オーディオ・トランスには大小さまざまなサイズのものがありますが、それはほぼコアの大きさで決まっています。コアが小さいほど低域での飽和レベルが低いので、小さいトランスは信号レベルが低い回路向き、ということになります。

結論 : コンシューマ用(基準レベル -20dBu 程度)の機器向けであれば全く問題なく使える。一般家庭のプリ・アンプとメイン・アンプの間のアイソレーションとか、CD/DVDプレーヤーとAVアンプの間のアイソレーションとか、グラウンド・ループのトラブルを解決するにはいいんじゃないでしょうか。ただし +4dBu の世界(業務用)で使うと、低域の歪率で音質に不満が出る可能性がある。

トランスそのものの音質については? それは「好みなのでご自由に」としか言えません。

ところで、せっかく基板作っちゃったんでどこかに使いたいんですけど、スタジオで何かに使えませんかねぇ?クライアント用モニター・テレビの、オーディオ回線のアイソレーションとか・・・(特注でお受けしますよ~)

*UN-WDT : Un-Weighted 測定上のウエイトはかけていません

お断りするまでもないと思いますが、上記の測定値はこの時点での実測値です。いつ誰がどこで測っても常にピッタリとこの値が出るわけではありません。弊社ではこの基板も、OEPのトランスも販売していません。お問い合わせにもお応えできません。悪しからず。

あー、そうだ忘れてた。ちなみに LUNDAHL LL1582 の最大入力レベルはカタログ値で +30dBU/50Hz です。同じようなサイズなのに?と思われるかもしれませんが、LUNDAHLトランス はボビンレスといって、巻線を巻き付けるボビンが無い構造なのでサイズがとても小さいのです。価格差だけのことはある、と思っていただければ幸いです。以上、ちょこっと宣伝でした。

OEP

OEP(Oxford Electrical Products)は各種のオーディオ用トランスを製造していますが、この A187A12C というライン・トランスは、巻線比1:1で 600Ωラインのアイソレーション用となっています。LUNDAHL の LL1582 と大して大きさも変わらないのですが、その実力はどんなものでしょう? 

なにしろこのトランス、RSコンポーネンツで3,200円ほどと、LL1582 の 1/3 以下で入手できます。それで同じような性能だったらかなりお買い得ですが、そんなことがあり得るのか???

データ・シートを見てもあまり詳しい(というか知りたい)データは載っていません。それなら実際に測ってみよう、ということで、テスト用基板を作ってみました(笑)

これからいろいろレポートしたいと思います。乞うご期待!

年末年始の休業について

今年のLUNDAHLのクリスマス休暇は 12/22~1/6だそうです。ということでLL1582の入荷は来年になりそうです 。ご迷惑をおかけいたします。

ちなみに弊社の年末年始休業は、

仕事納め 12/28(金)~ 仕事始め 1/7(月)

です。WEB Shopの年内最終発送は、12/28 13:00となります。代引きでのご注文以外は、入金確認がこの日時となりますのでご注意ください。

来年が皆様にとって良い年になりますように

株式会社トライテック

LL1524 入荷しました

Lundahl LL1524の在庫切れでご迷惑をおかけしておりましたが、ただいま入荷いたしました。クリスマス休暇を控えてどうなるかと思っていましたが、ひと安心です。

ご注文は WEB Shop よりお願いいたします。

 

 

続々:InterBEE2018

もうひとつ、新製品をご紹介します。今注目の ネットワーク・オーディオ・システム Dante* に対応した 2ch VUメーター『VM2000N』です。出来立てのほやほやで湯気が立っています(笑)。本日14日の開場時間には間に合いませんでしたが、午後からご来場の方にはご覧いただけると思います。カタログも何もない状態ですが、ぜひご高覧ください。

*Dante は Audinate Pty Ltd.の登録商標です。

 

続:InterBEE2018

InterBEE2018で展示予定の製品をご紹介します

『ADC-8/96』 はEIA-1Uサイズに8chのA/Dコンバーターを組み込んであります。サンプリング周波数は96kHzまで、入力されたワード・クロックに自動追従します。入出力コネクタはアナログ/デジタルともDB-25Sを採用したので、設置の際に煩雑になりがちなワイヤリング作業を簡素化できます。

『DAC-8/96』は同じコンセプトのD/Aコンバータです。EIA-1Uサイズに8chのD/Aコンバータを組み込んであります。サンプリング周波数は96kHzまで、入力信号に自動追従します。また+4dBu基準出力レベルを、-18dBFSまたは-20dBFSに切り替えることができます。こちらも入出力コネクタはデジタル/アナログともDB-25Sです。

『ACS-VMC』はタックシステム様の『VMC-102 Monitor Controller』と相互接続することで、いままで大型コンソールでしか実現できなかったような高度なカフ・システム/スタジオ・コミュニケーション環境を簡単に実現することができます。カフ操作部は当社標準品のACS-OPシリーズが、またディレクターズ・ボックスやCUEランプも当社標準品をそのままお使いいただけます。

『VMS-2/USB』はUSBオーディ用の 2ch VUメーター・ユニットです。コンパクトなサイズで設置場所を選びません。USB給電なので電源不要、ヘッドフォン出力で信号チェックも簡単です。

ご質問、お問い合わせなどは会場係員がご説明します。それでは会場でお会いしましょう。

 

 

 

 

InterBEE 2018

11/14(水)から幕張メッセで開催される 国際放送機器展 InterBEE 2018 に久しぶりに出展いたします。

今年はタックシステム様のブースの一角をお借りする共同出展となります。ブースはHALL7 – 7410 です。いろいろ新製品などもご覧いただく予定です。皆様のご来場をお待ちしております。

株式会社トライテック

 

 

WEB SHOPより:メール受信設定をご確認ください

弊社ではWEB SHOPへのご注文を確認次第、送料を含めたお支払金額や発送完了通知などを、ご登録いただいたメール・アドレス宛にお送りしています。

ご登録メール・アドレスのドメインが携帯電話会社の場合(いわゆるキャリア・メール)、迷惑メール拒否などでPCからのメールを受信しない設定になっていると、弊社からのメールが届きません。

PCからのメールを受信しない設定にされている場合は、webshop@tritech.tvまたはtritech.tvドメインを受信可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

弊社WEB SHOPでは確認のメールは平日ではその日のうちか翌日(休日前日では休日明け)には送信しています。弊社からのご連絡が届いていない疑いがある場合は、設定を変更するか、キャリア・メール以外のメール・アドレスから改めてご連絡くださいますようお願いいたします。